私は長男に全財産を譲るという内容の遺言書を作成しようと考えています。音信不通となっている次男には遺留分を含めて一切の財産を渡したくないと考えているのですが,そのようなことは可能でしょうか。

遺留分は,遺言書によって被相続人の財産を得ることが出来なかった他の家族が金銭面等で日常の生活に支障が出るという事態を防ぐための制度といわれています。そのため,遺言書等によって特定の法定相続人の遺留分も含めて奪うことは,上記のような遺留分を設けた趣旨にも反するため出来ません。

アクセス

千葉駅東口徒歩4分

千葉市中央区新町18-12
第8東ビル3階(地図はこちら

交通

  • JR千葉駅東口徒歩4分
  • 京成千葉駅東口徒歩3分
  • 千葉都市モノレール千葉駅中央口徒歩4分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

千葉を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート